×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

黒谷友香 元気な黒谷友香

黒谷友香をご存知ですか。
黒谷友香について詳しく紹介しますね。
黒谷友香のプロフィール
黒谷友香は女優。1975(昭和50)年12月11日生まれ。29歳。大阪府堺市出身。19歳のとき、映画「BOXER JOE」で女優活動を開始、辰吉丈一郎選手との共演が話題に。

以後、黒谷友香はCM、ドラマ、映画など幅広く活躍する。今秋公開の映画「忍 SHINOBI」(下山天監督)も控える。黒谷友香は身長170センチ、B84・W58・H85。北区つかこうへい劇団の公演「平壌から来た女刑事」は、3月3−13日、東京・紀伊国屋ホール。




黒谷友香とつかこうへい

「つか芝居」初挑戦で奮闘、厳しさでは定評があるベテラン劇作家、つかこうへい氏(56)がにらみをきかせる稽古場。膨大なセリフやアクションを手取り足取り、黒谷友香に熱血指導するつか氏がいつも口にする「人の傷口に塩をぬりこむような芝居をしろ」という言葉が、黒谷友香の心に響いた。 

黒谷友香は「ふだんの生活で人を傷つけるようなことって、言わないじゃないですか。ペースをつかむまで初めは、戸惑いましたね。塩をぬりこむことを連続してやっていくのが、先生の舞台の重要なところなので」黒谷友香にとって初挑戦の「つか芝居」は、かなりきわどい内容だ。一部だけを取り上げると、誤解を生んで各種団体から抗議を受けかねない。北朝鮮問題への風刺がふんだんに盛り込まれた舞台「熱海殺人事件〜平壌から来た女刑事」。

石原良純扮する警視庁捜査1課部長を相手に、黒谷友香は部下であり、愛人関係でもある婦人警官を演じる。 「今回の舞台には北朝鮮問題に限らず、神戸の児童殺傷事件や、阪神大震災も登場します。私自身、関西出身なので、不思議なめぐりあわせみたいなものを感じます」
黒谷友香が語っている。



アクションと乗馬
黒谷友香のアクションには、乗馬の趣味が、意外に役立っている。千葉県内にある黒谷友香の友人の乗馬クラブで、愛馬「ラルフ号」(13歳)が待つ。 黒谷友香は「乗っていると、人間と馬それぞれのコンディションで毎回、感じ方が違います。一番リラックスできる時間ですね。乗馬は自然とバランス感覚が身につくので、使う筋肉は似ているかもしれません」 ところで、舞台では髪をオールバックに凛々しいが、今年1月、黒谷友香はまったく別の女性らしい一面がスポットを浴びた。

黒谷友香が「パリ・コレ」で、ファッションメーカー「クラウディア」のモデルに抜擢され、黒谷友香はウエディングドレス姿を披露したのだ。現地のデザイナーがオートクチュールコレクションに日本人女優を起用するのは初めてとあって、黒谷友香は大いに注目された。 

黒谷友香は「ステージを歩くときに、お客さんが間近まで迫っていて、すごいエネルギーを感じました。快感? そうですね。デザイナーの方と歩くときは、拍手がすごかった」 といってもプライベートで着るのは先になりそう。男性の話に水を向けると、「理想ですか
。なんて言えばいいのか。まぁ、頼りになる人とか、そんな感じ。今は自分のことより、こっち(舞台)です」と、あっさりかわされた。 それにしても、稽古の厳しさとは裏腹に、クールで、自然体の受け答え。壁を感じたことはないのだろうか。

酒井法子 可愛い酒井法子 川島なお美 素敵な川島なお美 黒谷友香 元気な黒谷友香
かないみか 可愛いかないみか 川嶋あい 川嶋あいの素敵な世界 大塚愛 大塚愛の素敵な世界





Copyright(C) 黒谷友香 元気な黒谷友香 All rights reserved